フライヤーを大量に印刷するときに使える便利サービス

屋外や飲食店で利用する

カラーチャート

耐水性や耐久性に優れたユポ紙

フライヤー印刷を発注するとき、いろんな種類の素材があって迷われる人は少なくありません。一般的なのは上質紙(コピー用紙のようなもの)ですが、その他にもコート紙やアラベール(柔らかい質感の用紙)などいろいろあります。もしも、数か月も屋外に貼るポスターとして利用する場合は、ユポ紙素材を利用するのが良いでしょう。ほんの数日ならば、上質紙でも問題ないかもしれませんが、屋外では雨や風などで普通の紙では濡れて破れてしまうことが多いからです。でも、ユポ紙はポリプロピレンで生成されたフィルム法合成紙なので耐水性がとても高くて雨でも変形や変質がしません。しかも紙袋の素材として使われるほどの強度があるので台風でも耐え凌ぐこともできるのです。そのため、ユポ紙でフライヤー印刷したポスターならば屋外でも数か月でも原型をとどめておくことができます。また、屋外のポスター以外にも飲食店のメニュー表としてユポ紙でフライヤー印刷を発注する人も少なくありません。飲食店のテーブルでは、水や食べ物をこぼしてしまうことが多くメニュー表に被ってしまうリスクがあるからです。でも、ユポ紙であればいくら水をこぼしたとしても、変質も変形もすることがなく使い続けることができます。ただ一般的な上質紙と違ってユポ紙は価格が高いため、大量にフライヤー印刷するのには不向きな素材だとも言えます。そのため、長期間使用を想定しているものにこそコストパフォーマンスが高まります。

Copyright© 2020 フライヤーを大量に印刷するときに使える便利サービス All Rights Reserved.